EN
ホーム
会社紹介
  • 会社概要
  • シニアパートナー
  • 受賞歴
  • オフィス
  • 弁理士・弁護士紹介
    取扱業務
    業務グループ
  • 機械部
  • 電気学1部
  • 電気学2部
  • 化学・生物技術部
  • 日本一部
  • 日本二部
  • ドイツ部
  • 法律部
  • 商標部
  • ニュース・文章
  • トピック
  • 業界ニュース
  • 文章
  • 事例速報
  • アクセス

    概略:

      潘銘弁護士は中国人民大学法学院にて修士を取得した後、2013年に永新に入社し、国内外の多くの有名企業に知的財産関連分野の法律コンサルティングと法律サービスを提供している。商標権侵害訴訟、商標行政訴訟、行政偽造取締行動、オンライン侵害監視及び苦情申立て、ドメインネーム仲裁、ドメインネーム侵害訴訟、著作権登記、税関知的財産権保護関連、契約審査等の案件を担当した。

    学歴及び研修:

      中国人民大学法学院(法学修士、知的財産権法、2011-2013)

    業務分野:

      商標法、反不正競争法、著作権法、民事訴訟、商標権利付与・権利確定行政訴訟、行政法執行、税関保護、ドメインネーム紛争解決、企業知的財産権戦略設計等の法律業務

    会員資格:

      中華全国弁護士協会会員

      北京商標協会企業商標管理委員会委員

      北京商標協会大学専門委員会委員


    使用言語:

      英語, 中国語

    代表的事例:

      六洲酒店集団が深センの某会社等を訴えた馳名商標権侵害事件(2023)

      六洲酒店集団が貴陽の某酒店等を訴えた馳名商標権侵害事件(2023)

      格屋貿易(上海)有限公司が仏山の某扉窓公司等を訴えた商標権侵害及び不正競争事件(2023)

      MGAエンターテインメント社が汕頭の某玩具企業を訴えた商標権侵害事件、法院は懲罰的要素を考慮して比較的高い賠償額を判決(2022)

      六洲酒店集団が湖北省荊州市の某ホテルを訴えた商標権侵害及び不正競争事件(2021)

      雷凱浦知的財産権公司、蘇州雷凱浦保護設備有限公司が国家知的財産権局を訴えた、商標「Raycap」の無効審判に関する行政訴訟(2021)

      インターコンチネンタルホテルグループ(亜太)私的有限公司と国家知識産権局との商標「CRAFT及び図」の拒絶査定不服審判上訴事件(2021)

      米国サンコニー社、米国ジョンソン・エンド・ジョンソン社、米国ウォフリン社、六洲酒店集団等を代表する複数の商標行政訴訟事件


    講演活動:

      北京市弁護士協会渉外弁護士人材バンクリスト(2023)

      代理したMGA娯楽公司が汕頭の玩具企業を訴えた商標権侵害事件は、2021年汕頭法院知的財産権司法保護白書に入選した(2021)


    出版物:

       

      『MGAエンターテインメントが商標権侵害訴訟で勝利--「懲罰的要素」を考慮、裁判所は被告に85万元の賠償を判決』

      『アパレルデザイン作品の著作権保護のポイントの解析』、

      『アリババオリジナル保護プラットフォーム-オリジナルデザインオンライン権利保護の「ショートカットキー」』、

      《Beijing Higher Court: non-distinctive element should carry less weight in trademark comparison》、

      『時代の情報-正確な位置を確認することで、より多くのことが可能になる』、

      『企業商標管理業務ガイドライン』等