EN
ホーム
会社紹介
  • 会社概要
  • シニアパートナー
  • 受賞歴
  • オフィス
  • 弁理士・弁護士紹介
    取扱業務
    業務グループ
  • 機械部
  • 電気学1部
  • 電気学2部
  • 化学・生物技術部
  • 日本一部
  • 日本二部
  • ドイツ部
  • 法律部
  • 商標部
  • ニュース・文章
  • トピック
  • 業界ニュース
  • 文章
  • 事例速報
  • アクセス

    概略:

      寇飛博士は2014年に永新に入社し、特許代理士として特許の執筆、出願などの業務に従事している。2016年に訴訟弁護士に転身し、主に特許無効、行政訴訟、民事訴訟、行政法執行、自由実施検索、特許マップ構築、知的財産権戦略コンサルティングなどの特許関連の法律サービスを顧客に提供している。分野は、医薬医療、生命健康、植物新品種、化学など。

      永新に入社する前の2010~2014年、寇飛博士は国家知的財産権局の特許審査官を務め、専門的な知的財産権関連の研修を受け、主に医療機器、分析・検査機器、生物検査など数百件の特許出願の審査業務を担当していた。

      科学研究者、特許審査官、特許代理師、特許弁護士の経歴と、10年以上にわたる知的財産権の実務経験を持つ寇飛博士は、多角的な視点で顧客のニーズに寄り添い、ファイザー、ノバルティス、ロシュ、デュポン、ヴィイコ等の多くの顧客の総合的な問題解決に尽力している。

    学歴及び研修:

      中国政法大学(法律修士、2016-2018)

      中国科学院上海生命科学研究院(生化学・分子生物学、理学博士、2003-2010)

      四川大学生物学部(生物科学、理学学士、1999-2003)

    業務分野:

      医薬・医療分野の各段階(医薬登録・審査評価・審査認可・管理・収集・入札・医療保険目録交渉等)と知的財産権(特許・商標・不正競争・データ保護等)に関連する法律事務 生命健康分野(遺伝子工学、細胞免疫療法、バイオ医薬品、ワクチン、抗体等)の特許関連法務 特許の無効、行政訴訟、民事訴訟、行政法執行 特許の検索、特許マップの構築、特許価値の評価 知的財産権戦略コンサルティング、特許ポートフォリオ、出願

    会員資格:

      中国特許保護協会医薬専門委員会委員

      北京市弁護士協会渉外弁護士人材


    使用言語:

      英語, 中国語

    代表的事例:

       原告であるデニスカー社のバイオ酵素特許侵害事件を代表して、中国では稀な生物配列侵害事件である。上海法院初の特許侵害懲罰的賠償で1100万元の判決を受け、上海高院が発表した『2021年上海法院知的財産権裁判白書』、『上海知識産権法院知的財産権司法保護状況(2021)』の典型事例に入選した、最高人民法院は最終審で原告の2000万元の賠償請求を全額支持した。

       原告であるヴォニール・ランバー有限責任公司を代表した「パボシーニ原薬」発明特許権事件が、「2021年度済南法院10大知的財産権典型事件」に入選した。

       原告であるファイザー社を代表した薬物専利権侵害行政法執行事件で、後発医薬品を全国二十数省の医薬品調達プラットフォームから流通させることに成功した。

       原告である恵氏公司を代表した肺炎球菌ワクチンシリーズ特許の拒絶査定不服審判及び無効審判、行政訴訟事件において、不利な不服審判及び無効審判の決定を取り消すことに成功した。

       原告であるファイザープロダクツと正大天晴薬業集団股份有限公司を代表した、薬物専利権侵害及び不正競争の一連の事件。

       原告であるアムブエックス株式会社を代表したバイオペプチド特許拒絶審判行政訴訟事件で、不利な審判決定を取り消すことに成功した。

       被告である中微半導体と威科計器有限公司を代表した半導体加工装置の特許侵害及び特許無効の一連の事件が、2017年中国税関の知的財産権保護典型例、2017年上海知的財産権10大事件、2018年福建法院の10大典型事件、2018年福建法院の知的財産権司法保護10大事件に選ばれた。

    講演活動:

      国家知識産権局『特許審査指南(2021)』改正論証業務への参与

      2019、2021年AIPPIアンケートレポート特集研究

      AIPPI中国青年フォーラム:2021年司会者、2017年講演者

      2018年度植物新品種保護学術年次総会及び第10回全国農業知的財産権フォーラムの講演者


    出版物:

      1.医薬品特許紛争早期解決メカニズムの調整範囲及び対象の考慮、知産力M+[2022]

      2.27 noteworthy things about China's PTA and PTE system. 《Asia IP》(2021)

      2.ビッグデータ時代における法律家の工夫、知産力(2021)

      3.中国の市販薬品関連特許情報登録プラットフォームが特許声明を公示した初の体験、知産力(2021)

      4.特許権の期限補償制度が合理的な範囲内で「有利に遡及」することを認めるよう訴え、知財力(2021)

      5.『知的財産法のホットな問題に関する研究(第6巻)』(2021)

      6. China’s Establishing Patent Linkage System More Favorable to Generic Drug Companies or Innovator Drug Companies? Biospace(2020)

      7.米国特許保護期間延長制度の管見(一)、知産力(2020)

      8.米国特許保護期間延長制度の管見(二)、知産力(2020)

      9. Spotlight on China – Generics’ goal,《Intellectual Property》(2020)

      10.中国の特色ある医薬品特許リンク制度の枠組みと未来、知産力(2020)

      11. Spotlight on Asia - Medical patents in China,《Intellectual Property》(2019)

      12.原産薬品は模倣薬品に対し、なぜ焦るのか、知産力(2019)

      13. 無効宣告願書がなぜ空洞化しかも長くなる(2019)

      14.営業秘密の秘密性要件及び営業秘密侵害の認定基準、『中国発明と特許』(2019)

      15.特許訴訟における「特許審査指南」の適用原則について、「中国発明と特許」(2019)

      16. 「ワイパー事件」から見た判決の一部の文脈における訴訟の行為保全制度の適用、知産力(2019)

      17. 新たな知的財産権紛争の行為保全に関する司法解釈の初演--テンセント、マイクロキャストの訴えにおける行為保全事件を視点とし、知産力(2019)

      18. 医薬品特許問題の司法動向と展望、知産力(2018)

      19. 専利法の意味する「販売」行為の境界の弁別、知産力(2018)

      20. 植物新品種権侵害の司法実践の現状と展望--先鋒事件から見る品種権司法実践の最新の発展、『中国特許及び商標』 (2017)

      21. 『特許審査指針』が特許訴訟において適用される若干の問題、『中国発明と特許』(2016)

      22. 疾病に関連するバイオマーカーの特許技術の現状及びその発展すう勢、『各業界の特許技術の現状及びその発展すう勢報告』(2013-2014),知的財産出版社

      23. 先行技術の公開が不十分であることによる新規性及び進歩性の評価に対する影響、『中国発明と特許』 (2014)

      24.CNKI非特許文献の公開日の再確定、『中国発明と特許』 (2014)

      25. 試論生体外試料測定方法の特許性認定基準、『中国発明と特許』(2013)

      26. 創造性の評価過程における効果に関する実験データの補足、『2013年中華全国専利代理人協会年次総会第4回知的財産権フォーラム優秀論文集』、知的財産権出版社(2013)

      27. 請求項が明細書の支持を得られるか否かの審査過程における実験データの補足、『2012年専利審査及び専利代理ハイエンド学術シンポジウム論文選編』、知的財産権出版社 (2013)

      28. 生体外サンプル検査分野における疾病診断方法の審査戦略研究、国家知識産権局学術委員会2012年度自主研究プロジェクト (2012)