EN
ホーム
会社紹介
  • 会社概要
  • シニアパートナー
  • 受賞歴
  • オフィス
  • 弁理士・弁護士紹介
    取扱業務
    業務グループ
  • 機械部
  • 電気学1部
  • 電気学2部
  • 化学・生物技術部
  • 日本一部
  • 日本二部
  • ドイツ部
  • 法律部
  • 商標部
  • ニュース・文章
  • トピック
  • 業界ニュース
  • 文章
  • 事例速報
  • アクセス

    概略:

       馮弁護士は、永新知知識財産権パートナー、中国仲裁法学研究会会員、北京市弁護士協会渉外弁護士人材バンク弁護士、オーストラリアシドニーマッコーリー大学修士である。

       20年近くの知的財産権法律サービス関連業務経験を有し、業務範囲には、国内の顧客に対する商標登録及び権利侵害リスク評価の全体戦略コンサルティングサービス、国内外の顧客に対する商標出願、登録及び権利保護、紛争対応や、著作権の登録、保護、権利侵害の分析と対応の策略案、ドメインネーム紛争解決、特許許諾関連、権利侵害に関する調査、証拠収集、訴訟などの法律サービスがある。

       これまで、米実耐宝、米ハイスター、独漢高等の外国企業を担当し、また、上汽、優客工場等の中国企業の海外における権利確定、紛争処理にも細やかな法律意見及びサービスを提供した。


    学歴及び研修:

      マッコーリー大学(オーストラリア、修士、情報システム・テクノロジー、2003-2005)

      首都経済貿易大学(学士、経済学、1998-2002)


    業務分野:

      企業の知的財産権の構築及び保護等の戦略コンサルティング 知的財産権訴訟 タイムスタンプ、ブロックチェーン 展示会の権利保護 ネットワークプラットフォームの権利保護

    会員資格:

      中華全国弁護士協会会員

      中華全国専利代理師協会会員

      中国仲裁法学研究会会員

    使用言語:

      英語, 中国語

    代表的事例:

      米国Snap-onを代表して公安局にソフトウェア著作権侵害行為を訴え、法院は最終的に被疑者5人の行為が犯罪を構成すると判決した。

      トーマスクック英国有限公司(Thomas Cook)を代表して複数のドメイン名仲裁を申請し、奪取されたドメイン名を取り戻すことに成功した。

      ドイツのヘンケル(Henkel)を代表して工商局に商標権侵害の苦情を提出し、工商局が権利侵害行為を調査、処理するよう促すことに成功した。

      ドイツの安耳悠(Ohropax)を代表して工商局に不正競争に関する苦情を提出し、工商局が権利侵害行為を調査、処理するよう促すことに成功した。

      植物保護協会およびその加盟企業を代表して、過去9年間にわたる大規模展示会における商標権または特許権の侵害行為に対する法的措置をとった。

      ハイスター・エール・グループ(Hyster-Yale Group)を代表して上海で無許可の商標権侵害者を訴えた。

      複数の韓国企業を代表して淘宝網に苦情を申し立て、権利侵害リンクを削除する年度プロジェクトに合意した。

      デュポン社(DuPont)を代表して10年余り、B2B、B2C、C2Cプラットフォーム(例えば、アリババ、淘宝網、天猫など)に苦情を申し立て、権利侵害リンクを削除した。毎年、さまざまな国の顧客を代表して、ネット上の数千件以上の侵害リンクを削除している。


    表彰・栄誉:

       2021年首都弁護士協会渉外弁護士人材バンク

    講演活動:

      2022.10.10北京、玛氏–「NFTに関連する法的問題と事例の共有」

      2020.6.11北京、湖北省知的財産権局-「展示会期間中に知的財産権に関わるいくつかの問題」

      2018.10.25北京、植物保護(国際)協会-「農薬関連違法行為の法的分析」

      ネットワークにおける不正競争の典型的な行為のケーススタディ

      特許侵害損害賠償制度の最近の進展

      中国の3種類の地理的表示の保護

      拒絶査定不服審判段階における商標共存合意の効力