EN
ホーム
会社紹介
  • 会社概要
  • シニアパートナー
  • 受賞歴
  • オフィス
  • 弁理士・弁護士紹介
    取扱業務
    業務グループ
  • 機械部
  • 電気学1部
  • 電気学2部
  • 化学・生物技術部
  • 日本一部
  • 日本二部
  • ドイツ部
  • 法律部
  • 商標部
  • ニュース・文章
  • トピック
  • 業界ニュース
  • 文章
  • 事例速報
  • アクセス

    概略:

      賈慶忠弁護士は知的財産権分野で20年以上の豊富な経験を有しており、主な業務分野には知的財産権訴訟、特許無効、特許侵害及び安定性の分析、ノウハウの保護などがある。また、企業の知的財産戦略の制定、知的財産権デューデリジェンス、知的財産権の許諾、契約書の起草と審査、商標保護、著作権保護などを含む知的財産権総合法律サービスを顧客に提供する。

      賈慶忠弁護士は数百件の特許訴訟及び特許無効事件を代理しており、複雑な知的財産権紛争の解決及び許諾、取引に関する法律事務において豊富な実務経験を有している。特に、装備製造、ハイエンド医療設備、人工知能、自動車製造、新材料などの技術に関する法律事務に特化しており、顧客には、ジョンソン・エンド・ジョンソン、Intel、ボッシュ、ダノン、ユニリーバ、ボルボ、東芝、日立、住友、上海汽車など国内外の有名企業が含まれている。

      賈慶忠弁護士は中華全国専利代理師協会から専利代理業界第1陣のハイレベル人材に選出され、2022年には中国優秀知的財産権弁護士TOP50に選出された。『特許出願の復審及び特許無効における特許代理』、『意匠保護-ドイツ、EU、米国、日本、中国及び韓国の法規及び実践』等の知的財産権分野の著作の執筆に参加した。

    学歴及び研修:

      北京大学 法律学修士

      ハルビン工業大学 工学学士

    技術分野:

      電気機械設備、ハイエンド医療設備、人工知能、自動車製造、新材料

    業務分野:

      知的財産権訴訟、特許無効及び行政訴訟、知的財産権戦略コンサルティング、ライセンス及び取引

    会員資格:

      中華人民共和国弁護士執業資格

      中華人民共和国専利代理師執行資格

      中国全国専利代理師協会法律及び訴訟専門委員会委員

    使用言語:

      英語, 中国語

    代表的事例:

      スーンティス有限公司が大博医療科技股份有限公司を訴えた発明特許権侵害紛争事件

      米国コンス社が京信通信有限公司を訴えた発明特許侵害及び特許無効事件

      米国ナムルデュポン社が江蘇任信社を訴えた発明特許侵害事件

      EMD密理博社が上海瑞楓社を訴えた発明特許侵害事件及び特許無効事件

      ドイツのボッシュ社が広州天誉有限公司を訴えた特許侵害及び無効事件

      ボルボ自動車社が一汽乗用車股フェン有限公司を訴えた特許侵害事件

      スイスのスウォッチ集団公司が江門聖猿時公司を訴えた特許侵害事件

      長城汽車股份公司とフィアット汽車公司との専利権侵害及び無効事件


    表彰・栄誉:

      2021-2022中国優秀知的財産弁護士TOP50