EN
ホーム
会社紹介
  • 会社概要
  • シニアパートナー
  • 受賞歴
  • オフィス
  • 弁理士・弁護士紹介
    取扱業務
    業務グループ
  • 機械部
  • 電気学1部
  • 電気学2部
  • 化学・生物技術部
  • 日本一部
  • 日本二部
  • ドイツ部
  • 法律部
  • 商標部
  • ニュース・文章
  • トピック
  • 業界ニュース
  • 文章
  • 事例速報
  • アクセス

    概略:

       永新専利商標代理有限公司に30年以上勤務している。数多くの特許に関する案件に携わり、特に、行政手続きを上手く利用して特許保護を達成した経験が多くある。商標申請と訴訟、技術許可、取替え解決、商業秘密の保護、不当競争対策及びドメイン名仲裁など、様々な範囲で法的サービスを提供することができる。


       国際許可貿易従事者協会副主席(2018‐2021)、中国許可貿易従事者協会副主席、中国国際貿易促進会経済貿易摩擦法律顧問委員会知的財産権グループ専門家委員、中華全国弁護士協会知的財産権専門委員会委員等を務め、加えて、米国知的財産権弁護士協会及び国際知的財産権弁護士協会の会員でもある。また、中国政法大学法律修士学院で兼任指導教官を務めている。


       外国の雑誌において、毎年中国の優秀な弁護士として選出されている。ある世界トップ500企業の関係者から、「永新の邵偉代理人は、仕事に対する態度、能動性、創造力について周囲から高く評価されており、尊敬すべき特許の弁護士だ。彼は必ず我々の特許に関するトラブルを解決する方法を見つけてくれる。このような経験と技術を備えたベテラン弁護士は、中国ではめったにいない。」と称賛された。



    学歴及び研修:


      アメリカサンタクララ大学 法律学修士

      中国政法大学 法律学修士

      北京郵電大学 工学学士

    業務分野:

      知的財産権事件の訴訟、特許出願と無効、商標出願と紛争事件、契約の審査と処理、仲裁事件、営業秘密の保護、知的財産権にかかわる労働契約の紛争処理など

    会員資格:

      国際技術ライセンス労働者協会副会長(2018‐2021)

      中国技術許可従事者協会副主席

      中国国際貿易促進委員会経済貿易摩擦法律顧問委員会知的財産権グループ専門家委員

      中華全国弁護士協会会員

      中華全国専利代理師協会理事(ACPAA)

      国際商標協会会員(INTA)

      米国知的財産権弁護士会会員(AIPLA)

      国際知的財産協会会員(AIPPI)

      国際知的財産弁護士連合(FICIP)会員


    使用言語:

      英語, 中国語

    代表的事例:

      2019年に中国国家知識産権局復審委員会が公表した「2018年度専利復審無効10大事件」の第9件

      名称を「化学気相堆積装置」とする実用新案特許無効事件は、進歩性の判断において技術の本質を正確に把握するという審査理念を説明しており、進歩性の審査における技術構想の重要な役割を示している。

      2019年に発表された「2018年度福建法院10大典型事例」第7件(本件和解・結審)

      中微半導体設備(上海)有限公司と維易科精密機器国際貿易(上海)有限公司の実用新案権侵害紛争事件

      「2021年度済南法院10大知識・知的財産権典型事例」の第7件

      「パボシーニ原薬」発明特許侵害事件の審理により、煩雑な司法鑑定過程が回避され、当事者の訴訟負担及び費用支出が減少した。

      2021年中国法院知的財産権司法保護状況白書記載事件「鎖付き髄内釘」発明特許侵害事件

      中国最高人民法院が審理した発明特許「髄錠付き釘」侵害事件において、侵害者が帳簿の提出を拒否したため、外国側の権利者が主張する2,000万元の賠償を全額支持し、外国当事者の合法的権利を十分に保障するよう判決を変更し、我が国は日増しに信頼に足る国際知的財産権訴訟の選好地となった。


    表彰・栄誉:

      2019年4月26日、知産力とIPRdailyが発表した「中国優秀知的財産権弁護士ランキングTop50」に入選

      2020年1月、Asia IP 2019年度中国IPトップ専門家トップ100入り(The Top100 China IP Experts)

      2020年、北京市知的財産権サービスリーダーに選出

      2020年、2019年IAM Patent 1000世界のトップ弁理士に選出

      2021年、Asia IP 2020年度中国IPトップ専門家100強(The Top100 China IP Experts)に選出

      2021年1月6日、チェンバース2020年知的財産訴訟「業界の賢達」入選(アジア太平洋地域)

      2021年、2020年IAM Patent 1000世界のトップ弁理士に選出

      2022年1月11日、チェンバース2021年知的財産訴訟「業界の賢達」(中華圏)入選

      2022年1月、Asia IP 2021年度中国IPトップ専門家100選に選出

      2023年1月17日、チェンバース2023年知的財産訴訟「業界の賢達」(中華圏)入選

      2023年、IAMグローバルリーダー2023入選

      2023年、IAM Patent 1000世界トップ2023の特許弁護士に入選

      2023年、WIPR商標分野ランキング中国区訴訟分野推薦個人に選出

      2023年、Asia IP 2023年度中国IPトップスペシャリスト100(The Top100 China IP Experts)に選出

      2024年1月、チェンバースの2023年知的財産訴訟「業界の賢達」(中華圏)入選


    出版物:

      文章

      2023年12月23日、特許無効手続における信義誠実の原則の法律適用の初動--新特許法実施細則第11条を読んで感銘を受けた

      2023年8月9日,Navigating China’s patent linkage system: challenges and opportunities

      2023年第1期(総第17期)、オープンライセンス及びその紛争解決システムの構築

      2022年11月19日、特許出願人が分割出願を提出した権利の境界

      2022年11月7日、医薬品特許紛争早期解決メカニズムの調整範囲と対象の考慮

      2022年10月14日第3版、コベナンツ属性によるオープンライセンス請求項の変化

      2021年12月,The Chinese Courts are seeking to exercise jurisdictions over adjudication of the global rates of standard-essential patents

      2021年8月28日専門家補助人制度をどう使いこなすかは、学問である

      2020年3月,Generics’ Goal

      2020年2月29日、中国の特色ある医薬品特許連携制度の構造と未来

      2019年9月,Medical Patents in China

      2018年8月、特許法の意味する販売行為の境界の弁別

      2018年3月、ホットな医薬特許問題の司法動向と展望

      2014年3月,Insolvency Impact on Licensing in China


      著述

      第1版2009年、第2版2011年、『中国大陸専利権侵害紛争処理事務』

      2013年4月、『特許復審と無効代理の実務』(共著)、知的財産出版社より

      2023年4月第1版、「中国国際知的財産権仲裁年度報告2022」第4章第2節「特許分野仲裁事例分析」 Section 2, Chapter 4, <Annual Report on International Arbitration of Intellectual Property Rights in China>