EN
ホーム
会社紹介
  • 会社概要
  • シニアパートナー
  • 受賞歴
  • オフィス
  • 弁理士・弁護士紹介
    取扱業務
    業務グループ
  • 機械部
  • 電気学1部
  • 電気学2部
  • 化学・生物技術部
  • 日本一部
  • 日本二部
  • ドイツ部
  • 法律部
  • 商標部
  • ニュース・文章
  • トピック
  • 業界ニュース
  • 文章
  • 事例速報
  • アクセス

    概略:

      1998年に中国人民大学を卒業後、永新に入社し知的財産権法律サービスに従事。その後、米国ジョージ・ワシントン大学でLLM学位、2000年と2005年にそれぞれ中国及び米国ニューヨーク州の弁護士資格を取得。 

      専門は知財権戦略相談、訴訟、行政保護等であり、20年近くにわたる特許、商標、著作権、不正競争に関する訴訟と仲裁において、国内外の多くの著名企業の権利を守り、また、国際的な検討会において、中国の知財権保護に関する講演も数多く行い、国外の知財弁護士界と幅広い交流を持つ。

      2012年には、商務部の「知的財産権海外権益保護専門家バンク専門家」に選出され、2014年に国家知識産権局「第四陣知的財産権ハイレベル人材」、2016年に最高人民法院「知財権事例指導研究(北京)基地専門家委員会専門家」、2009-2016年に国際法曹協会 下部機関Who’s Who誌「中国最優秀商標弁護士」(8年連続)、2014-2016年にMIP誌「IP Star」(3年連続)、2015年にMIP誌「2015中国で最も注目を集めた知財弁護士」に選出。


    学歴及び研修:

      • 2003-2004:米国ジョージ・ワシントン大学 法学部(修士、知的財産権)

      • 1996-1998:中国人民大学 法学部(第二学士、知的財産権)

      • 1992-1996:中国人民大学 商学部(学士、貿易経済)


    会員資格:

      • 中華商標協会代理分会学術委員会 主任

      • INTA中国顧問委員会 顧問


    使用言語:

      英語, 中文

    代表的事例:

      • 孔子学院 vs コスタリカ企業:商標権侵害紛争

      中国側主任弁護士として勝訴し、相手方の現地での商標登録の取消に成功。

      • ボッシュ vs 中国企業:専利権侵害訴訟

      ボッシュ側弁護士として勝訴。

      • ボッシュ シーメンス vs 中国企業:専利権侵害訴訟

      ボッシュ側弁護士として抗弁し、原告の特許無効及び請求棄却

      • デュポン vs 某サイバースクワッティング会社

      デュポン側弁護士として勝訴。中国初の馳名商標の認定を獲得。

      • バイエル vs 浙江省企業:商号を巡る不正競争訴訟

      バイエル側弁護士として勝訴。当年の浙江省十大知財権事例に選出。

      • Wm.Wrigley Jr company vs 天津企業:商標権侵害及び不正競争訴訟。

      Wm.Wrigley Jr側弁護士として勝訴。当年の天津市十大知財権事例に選出。

      • マリオットグループ vs 江蘇省企業:商標権侵害及び不正競争訴訟。

      マリオット側弁護士として勝訴。

      • 21世紀フォックス及びジェームズ・キャメロン vs 中国公民:著作権侵害訴訟

      21世紀フォックス側弁護士として抗弁し、勝訴。

      • ARS CORPORATION vs 中国企業:商標権侵害訴訟

      ARS側弁護士として勝訴。最高人民法院の裁定支持を獲得

      • RIMOWA vs 中国企業:不正競争訴訟

      RIMOWA側弁護士として勝訴。2017商標協会優秀事例選出


    表彰・栄誉:

      • 2015年:MIP誌「中国で最も注目を集めた知財弁護士」

      • 2014年:MIP誌「IP Star」

      • 2012年:商務部「知的財産権海外権益保護専門家バンク専門家」

      • 2009-2016年:国際法曹協会 下部機関Who' s Who誌「中国最優秀商標弁護士」(8年連続)


    講演活動:

      • 2017. 5-11:米国特許商標庁China IP Road Show 「中国商標保護」

      • 2014.4 :中国知識産権報 週刊商標「商標法改正」

      • 2013.12:〈北京〉中国知的財産権法律応用フォーラム「新商標法下での信義誠実の原則の適用問題」

      • 2013.10:〈マイアミ〉国際商標協会サミット「中国商標法改正」

      • 2012.10:〈北京〉米中知的財産権司法審判検討会「ネットサービス業者の法律責任」

      • 2012. 9:〈アムステルダム〉法律戦略検討会「中国の知的財産権保護」

      • 2010.11:〈東京〉国際法曹協会年会「中国における知的財産権保護」

      • 2009.4.:〈モントルー〉欧州知的財産権サミット「中国の知的財産権保護(3)」

      • 2008.4.:〈モントルー〉欧州知的財産権サミット「中国の知的財産権保護(2)」

      • 2007.6.:〈ソウル〉日中韓知的財産権年会「中国知的財産権法律の新展開」

      • 2007.4.:〈モンテカルロ〉欧州知的財産権サミット「中国の知的財産権保護(1)」

      • 2005.1.:〈オーランド〉米国知的財産権弁護士年会「中国専利訴訟(2)」

      • 2004.10.:〈ワシントン〉米国知的財産権弁護士年会「中国専利訴訟(1)」